HOME概要 >会則

概 要


◎ 会 則


第1章 総則

(名称)

第1条 この会は、京都リハビリテーション医学研究会(以下「本会」)とする。

(事務局)

第2条 本会は、主たる事務局を京都府立医科大学リハビリテーション医学教室に置く。

(目的)

第3条 本会は、リハビリテーション医学に関する研究と教育を目的とする。

(事業)

第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  ① リハビリテーション医学に関する学術集会および講演会などの開催
② リハビリテーション医学に関する研究
③ 会誌の発行
④ その他本会の目的を達成するために必要と認める事業

(会員)

第5条 本会の正会員は、医師であり本会の目的に賛同し入会を申し出たもので、理事または幹事の推薦するもの、または理事会の承認を得たものとする。
2. 本会の準会員は、医師以外(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、義肢装具士、薬剤師など)で本会の目的に賛同し入会を申し出たもので、理事または幹事の推薦するもの、または理事会の承認を得たものとする。
3. 本会の賛助会員は本会の目的に賛同する団体とする。

(入会)

第6条 本会の会員となるためには、本会所定の入会届に初年度の会費を添えて事務局に申し込むものとする。

(退会)

第7条 本会の会員は、本会所定の退会届を提出することでいつでも退会することができる。

(会費)

第8条 本会の正会員は、年会費として毎年5,000円、準会員は毎年3,000円を納入しなければならない。
2. 理事会の決議により、前項に掲げる会費を免除することができる。
3. 賛助会員の年会費は一口50,000円とする。

(除名)

第9条 本会の会員が次のいずれかに該当するときは、理事会の決議により当該会員を除名することができる。
  ①この会則その他の規則に違反したとき
②本会の名誉を傷つけ、または目的に反する行為をしたとき
③その他除名すべき正当な事由があるとき

(資格の喪失)

第10条 会員は、次のいずれかに該当するときは、その資格を喪失する。
 

①本人から第7条に定める退会があったとき
②年会費を2年以上滞納したとき
③死亡したとき
④除名となったとき

 

 

第2章 役員

(役員の種別および員数)

第11条 本会に次の役員を置く。
理事 3名以上15名以内(うち理事長1名)
監事 2名以内
幹事 15名以上で本会の事業を行うために必要な人数
2. 理事は本会の正会員の中から理事会が承認した者とし、理事長は理事の互選で選出する。
3. 理事は理事会に出席し、本会の学術集会の会長選出、講演会等の企画、予算案の立案、会則の変更など重要事項について審議決定する。
4. 監事は、本会の正会員の中から理事会において選出する。
5. 監事は、会計を監査し、これを幹事会に報告する。

(幹事)

第12条 幹事は、幹事会を組織し、本会の事業を遂行する。また理事会の決定事項の報告を受けるとともに決算の承認を行う。
2. 幹事は会員の中から理事会において選出する。
3. 名誉幹事は幹事の経験者の中から理事会および幹事会の承認を経て選任される。
4. その他幹事および幹事会において必要な定めについては、理事会の決議により別途定めるものとする。

(役員の任期)

第13条 役員の任期は2 年とする。ただし、再任は妨げない。
2. 補欠により選任された役員の任期は前任者の残任期間とする。

(顧問)

第14条

本会に役員とは別に顧問を置く。顧問は理事長の諮問事項の相談に乗る。

 

第3章 会議

(理事会)

第15条 本会に理事会を置く。
2. 理事会はすべての理事をもって構成する。
3. 理事会は、随時開催し理事長がこれを招集する。
4. 理事長が欠けたときまたは理事長に事故があるときは、理事が理事会を招集する。
5. 理事会は、理事現数の過半数の者が出席しなければ議事を開き議決できない。

(理事会の議事)

第16条 理事会の議事は、出席した理事の議決権の過半数で決する。

(理事会の議長)

第17条 理事会の議長は理事長をもってこれにあてる。

(幹事会)

第18条 本会に幹事会を置く。
2. 幹事会はすべての幹事をもって構成する。
3. 幹事会は年1 回開催し、理事長がこれを招集する。
4. 理事長が欠けたときまたは理事長に事故があるときは、理事が幹事会を招集する。
5. 幹事会は、幹事現数の過半数の者が出席しなければ議事を開き議決できない。

(幹事会の議事)

第19条 幹事会の議事は、出席した幹事の議決権の過半数で決する。

(幹事会の議長)

第20条

幹事会の議長は理事長をもってこれにあてる。

 

第4章 会計

(事業計画および収支予算)

第21条 本会の事業計画および収支予算は、理事長が作成し、理事会の承認を受け、幹事会にお いて報告しなければならない。これを変更する場合も同様とする。
2. 本会の経費は、会員等の負担する会費、参加費、寄付金、その他をもってこれにあてる。

(事業報告および決算)

第22条 本会の事画報告および決算は、理事長が作成し、監事の監査を受け、毎会計年度終了月3ヵ月以内に理事会の承認を受け、幹事会においても承認を受けなければならない。

(会計年度)

第23条

本会の会計年度は1月1日から12月31日までとする。

 

第5章 附則


(会則の変更)

第24条 この会則は、理事会の議決を経て変更することができる。

(施行細則)

第25条 この定款の施行について必要な細則は、(理事会の決議により)理事長が定める。

2014年 130日 施行

2014年 210日 改定

2016年 2月  6日 改定

201612月 9日 改定

2018年  2月 4日 改定